喜びの声

「他人の評価」=「私」ではない

「他人の評価」=「私」ではないの教えに救われました。

自分の都合により、日々かわることに振りまわされていた自分が

愚かであること、正しいと思ったことを行なう勇気をもらいました。

「アキラメル」は肯定の意味

「アキラメル」という言葉は負のイメージで使うことが多いし、

そう思っていましたが、実はそうではなく肯定の意味があるのだと知り、勉強になりました。

あと、「他人のかがみ」はあてにならないと思っていましたが、

「自分のかがみ」もあてにならないと知り、また一つ考えの幅が広がりました。

いつも勉強になります。ありがとうございました。

本当の自分と向き合う

本当の自分と向き合うのは、時として非常に辛いときも多いものです。

「劣等感を抱く」ことがそれほど悪いことではない、というのは救われる気もするのですけど、

やっぱりそれをバネにして、前向きにいくためには、そこにもうひとつ”何か”が介在しないと、

ずっととらわれて、そこに滞留したままになってしまいます。

その”何か”が仏教の中に秘め(?)られているのかな、と思いました。

改めて、自分自身をみつめ直すことができた

最近いろいろな壁にあたる機会が多く悩むことがありました。

今回の講座で改めて自分自身をみつめ直すことが出来そうです。

仏教は奥が深いですが、これからもたくさん学んでいきたいです。

今回、講座を開催して下さりありがとうございました。 機会があれば是非参加させて下さい。