☆3つの勇気☆

アドラーは著作の中で3つの勇気をあげています。

「不完全である勇気」

「失敗する勇気」

「間違いが明らかになる勇気」

どんな人も不完全。間違いを犯さない人はいない。

その自分をありのまま認める=自己受容。

さらに、仏教では、どんな人も

そのような縁がくれば

あらゆる悪を犯す、と人間をみています。